「美の仲間たちを紹介」  「柿の葉」  クックハーブの仲間 「柿の葉」 「柿の葉」はなんと言ってもってビタミンCです。ビタミンCがレモンの20倍です。「柿の葉」のビタミンCは吸収されやすいです。熱に弱いビタミンCですが柿の葉のお茶なら安心です。柿の葉茶は煮出すのはNGです。熱湯をくぐらせるだけでOKです。風邪の予防に、体のさまざまな不調、トラブル改善にビタミンCはとても重要です。ビタミンCは美肌にも効果があります。
クックハーブの仲間 山ぶどう クックハーブの仲間 「山ぶどう」 「山ぶどう」は九戸村産です。九戸村下田沢農園さんの山ぶどうです。「お茶用の山ぶどうは質の良い、美味しい所を選んでいます」と話してくれました。ありがたいことです。山ぶどうは普通のぶどうの約8倍ものポリフェノール、3倍の鉄分、4倍のビタミンCが含まれているとのことです。小さな実は数倍の成分が凝縮して入っているってことですね。「山ぶどう」には貧血抑制、視力向上、抗酸化活性、抗ガン作用、血糖値低下作用などの効果があります。

   クックハーブのお茶の仲間 「ミント」 クックハーブの仲間「ミント」「ミント」はシソ科の植物で世界的に有名なハーブです。クックハーブの「ミント」はペパーミントです。ペパーミントが薬用されたのは、18世紀、イギリスから世界に広まったといわれています。ミントの清涼感はとてもいいです。癒されます。「ミント」もかなり個性的な野草です。クックハーブのお茶には「ミント」自身の個性がしっかりと保たれています。 健胃、食欲増進、鎮咳などの効用があるといわれています。
クックハーブの仲間 「玄米」  クックハーブの仲間 「玄米」 「玄米」は精製する前のお米です。精製する前のお米「玄米」は栄養の宝庫です。カルシュウム、リン、カリウム、ビタミン群、食物繊維などが驚くほど豊富に含まれています。食物繊維には腸の運動を活発にして、余分なコレステロールを吸着、排泄する働きがあります。クックハーブのお茶の「玄米」は店主の実家(東和町)の玄米です。粘土質の日当たりの良い田です。味の良いお米がとれると評判です。
  ♪ 商品一覧♪   参考文献

日本ジャーナル出版        「自然薬健康法」

岩手日報社発行           「岩手の薬草」

有限会社 自然食通信社      「一条ふみさんの自分で直す草と野菜の常備薬」

株式会社 池田書店         「薬草の自然療法」東条百合子著

株式会社 コスモトゥーワン    「ミネラルの秘密」

             ♪商品一覧♪